若返りの美容師

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンチエイジング美容を始めた背景
私は、仕事を離れて子育てをしていた頃、毎日毎日同じ家事の繰り返しと、思い通りにならない子育てで少しずつストレスが溜まっていくのが自分でも分かりました。
この生活は自分が望んでいた生活で、イライラするなんて贅沢な悩みだと頭では分かっていても、独身時代、美容室で活き活きと働いていた頃の自分と比較して、感情をコントロール出来ない事もありました。

そんな時に数百円のマニキュアを買ってきて、指先を綺麗な色で彩ると不思議なくらい気持ちが和んでいくのが分かりました。
幼い娘も「お母さん、きれいね〜」と喜んでいました。
家事に追われて、忘れ去られた指先のお手入れ。 マニキュアを塗ることによって、独身時代の若々しい華やいだ気分が蘇ったのです。
このとき、私は輝いている自分自身を感じました。

あ、もっと自分自身を輝かせる方法を追求しよう!

そして美容師として同じように輝ける人たちを支援しよう!!
このときそう思ったのです。

貴方はこんな事を感じた事はありませんか?

50歳を過ぎた芸能人を何人か思い浮かべてください。

この3つのパターンに分かれると思いませんか?
①以前と変わらない人
②どっと更けてしまった人
③魅力的になった人

私は気づきました
そう女性も男性も50歳を過ぎてからが勝負なのだと

何よりも大切なのは、貴方が若々しく華やいでいた頃の気持ちを蘇らせることです。
見た目は年齢を重ねれば、若い頃とは変化します。
でも心まで、年齢に合わせて変化する必要はないんです。